アーサナ上達への近道 - ダウンドッグ編 -

 

 

スタジオでのレッスンでおこなういくつかのアーサナ(ポーズ)

気に入ったものは、自宅でも取ってみたくなりますよね!

反対に苦手だったものを練習しようと思う方もいるでしょう。

 

なかでも生徒さんから特に質問が多いのは、初心者クラスにも登場する、

「ダウンドッグ」と「三日月のポーズ」のコツについてです。

 

『Yoggi’s Note』では、今回から2回に渡ってこれらのアーサナを安全に

上達させるためのコツを紹介していきたいと思います。

まずは、「ダウンドッグ」から!

 

ダウンドックってどんなポーズ?

ダウンドッグ」は、腰から背骨にかけて気持ちよく伸ばすポーズ

犬が下を向いている姿を模したポーズだというとイメージしやすいでしょう。

 

【期待される効果】

① 体幹の強化

② 二の腕のシェイプアップ

③ 足のシェイプアップ

④ 肩こりの緩和

⑤ 気力や意欲を高める

 

ダウンドックのやり方は?

① 床に正座の姿勢になり、額をつけ両腕を前に伸ばした「チャイルドポーズ」を取る

② お尻を軽く持ち上げつま先を立てたら、手足の位置を変えずにお尻をさらに持ち上げる


③ ゆっくりと呼吸を繰り返す

 

ダウンドックを上達させるコツは?

ここでは、お悩み別にポーズを安全にかつ上達させるためのコツをお伝えします!

 

お悩み1…かかとが浮いてしまいます(>_<)

ポーズに入ったらその場で片足ずつ足踏みをし、ふくらはぎを優しくほぐす。

かかとの下にヨガブロックを置くと、足の柔軟性が低い人でもおこないやすくなります!

 

お悩み2…キレイな三角形になりません(>_<)

…手足の位置をなるべく変えず、お尻を斜め後方に引き上げるように!

手足の間隔は近すぎると前屈に近い姿勢になり背中・肩まわりが伸びにくく、

遠すぎるとふくらはぎの筋肉が伸びすぎて気持ちよさを感じにくくなります。

 

お悩み3…腰が反りすぎてしまいます(>_<)

…反り腰になると後屈に近い形になり、体幹に効かせにくくなるので

腹部を引き上げることを意識してみてください!

 

 

ポーズの特徴や、どの部位に効いてくるのかを理解することも上達のコツですよ。

次回は「三日月のポーズ」についてお伝えします!お楽しみに!!

 

【writer】 Saori Takagi
美容ライター,ヨガインストラクター,
ビューティーフードアドバイザーとして活躍

 

↓春の新作が続々入荷中!↓