パークヨガの季節到来!着替え・持ち物はどうしたらよい?

 

ポカポカと温かい春は屋外で体を動かすのが気持ちよいですよね。

公園や芝生の上でおこなう“パークヨガ”のイベントも増える季節です。

「今年は参加してみたいな」と思っている方も多いのでは?

 

そこで気になるのが、着替えや持ち物について。

 

今回は、パークヨガを楽しむための準備についてお話ししていきたいと思います。

 

 

 体のラインが出すぎないタウン仕様のウェアで 

 

パークヨガの会場には、着替えをするスペースがないことがほとんど。

参加者の多くは自宅からウェアを着てきます。

これはつまり街中を歩いたり、電車に乗ったり、多くの人の目に触れるということ。

 

体への密着度が高かったり、露出が多かったりするウェアよりも、

ラインを強調しない街中を歩くことができるようなタウン仕様のウェアを着ることをオススメします。

 

スカート付きオールインワン yr-81122

 

もしくは、ピッタリとしたウェアの上にロングシャツやロングカーディガンを羽織り、レッスンの前に脱ぐのもよいでしょう。

 

レースガウン yr-81201

小花柄レギンス yr-75108

オリジナルヨガマット yr-17-001

 

 

 持って行くと便利なものって? 

 

次は持ち物について。

スタジオでのレッスンは、水とタオルがあればOKというところが多いのですが、

屋外でおこなわれるパークヨガはまた勝手が違ってきます。

何を持って行ったらよいのか分からない方はぜひ参考にしてみてください。

 

①ヨガマット

※イベントにより異なりますが、用意がないことが多いです。

 

②水

 

③タオル

 

④ヨガマットや手足の汚れを拭くウェットティッシュ

 

⑤汗拭きシート

 

⑥日焼け止め

 

⑦サングラス・キャップ

 

⑧ジッパー付きビニール袋

※汚れた衣類やタオルを入れたり、スマートフォンの汚れを防ぐカバーとしても使えます。

 

⑩ ブランケット

※ 気温が低い日はシャヴァ・アーサナのときにブランケットをかけるなどすると体を冷やしません。

 

 

天井や壁に囲われていない自然のなかでのびのびとおこなうパークヨガは解放感が格別です。

パークヨガをより快適に楽しむための参考にしてみてくださいね。

 

 

【writer】 Saori Takagi
美容ライター,ヨガインストラクター,
ビューティーフードアドバイザーとして活躍

 

↓春の新作 続々入荷↓