アーサナ上達への近道!三日月のポーズ編

前回のYoggi’s Noteでは「ダウンドッグ」を上達させるためのコツをお伝えしました。

今回は、ダイナミックに体を使う「三日月のポーズ」について、どのようなことに気を付けておこなえばよいのかをお伝えします!

 

三日月のポーズってどんなポーズ?

ヨガの代表的なポーズのひとつ。足を前後に開脚し、両手を頭上に伸ばすダイナミックなポーズで、筋肉の強化はもちろん伸びによる気持ちよさも感じられます。

 

【期待される効果】

・股関節の柔軟性アップ

・脚力の強化

・腹直筋・腹斜筋の強化(体幹の強化)

・背部のストレッチ・強化

・肩こりの緩和

 

三日月ポーズのやり方は?

① 床にひざ立ちになり、右足を大きく踏み出す

② 息を吸いながら両腕を頭上に伸ばし、吐きながら上体を軽く反らせる ※目線は斜め上

③ ゆっくりとした呼吸を繰り返す

 

 

三日月のポーズを上達させるコツ!

初心者クラス~上級者クラスと幅広いレッスンに登場するポーズ。上達させるためには、下記のコツをおさえておくとよいでしょう。

 

☞ 前に踏み出した方のひざの角度に注意

ひざがつま先よりも前に出ると、ひざや股関節に負担がかかり痛める恐れがあります

 

☞  お腹の力を抜かない

柔軟性が高い方は特に背中が反りすぎて後屈が深くなります。腰を痛めやすくなるので、お腹にしっかりと力を入れた状態で上体は自然なカーブを描くように!

 

☞ 足の甲を使う

後ろに伸ばした足は、足の甲を床について押すようなイメージで使ってあげるとグラつきがおさえられます

 

☞ 肩はストンと落とす

肩に力が入りやすい方は、一度指先をグーンと伸ばしてそこから肩をストンと落とすようにして下さい

 

レッスン中だけでなく、自宅でポーズを取るときに意識してもらいたい項目をお伝えしました。安全にポーズを上達させるための参考にしてみてくださいね。

 

【writer】 Saori Takagi
美容ライター,ヨガインストラクター,
ビューティーフードアドバイザーとして活躍

 

新作が続々入荷中!